石原順(西山孝四郎)は怪しい人物?経歴から知られざる真相が明らかに

石原順(西山孝四郎)の経歴

ファンドマネージャーの石原順(西山孝四郎)氏は一体どんな経歴を持っているのでしょうか?

 

石原順氏は、株式・債券・CB・ワラントなど様々な金融商品のディーリング業務に従事し、現在も現役のファンドマネージャーとして活躍しています。

 

このページでは石原順氏の経歴から投資法、著書、SNSの有無、プライベートなどを検証しました。

 

【チェックポイント】
管理人:松下
今すぐに急騰期待の銘柄を知りたい」という方は、当サイトの利用者が実際に利益を得ている下記 優良サイトがオススメです↓

 

ファンドマネージャー石原順(西山孝四郎)氏の肩書きは?

石原順氏の肩書きはファンドマネージャー。現在は数社の海外ファンドを担当しているやり手のようです。

 

ネットで検索すると、様々なメディアで石原順氏が執筆したコラムを読むことができます。

 

コラムに書かれている銘柄をみると米アップルや米ステラなど、やはり海外ファンドを担当しているだけあって外国株が多いことがわかります。

 

またラジオNIKKEI「ザ・マネー」では金曜日パーソナリティー、「キラメキの発想」準レギュラーとメディアにも積極的に出演しているようです。

 

 

ファンドマネージャー石原順(西山孝四郎)氏のプロフィールは?

石原順(西山孝四郎)の経歴
ファンドマネージャー石原順(西山孝四郎)氏の経歴・プロフィールをご紹介します。

 

石原順(西山孝四郎)の経歴
1986年より株式・債券・CB・ワラント等の金融商品のディーリング業務に従事、1994年よりファンド・オブ・ファンズのスキームで海外のヘッジファンドの運用に携わる。

日本において為替取引がまだヘッジ取引しか認められなかった時代からシカゴのIMM通貨先物市場に参入し活躍する。現在は数社の海外ファンドの運用を担当する現役ファンドマネージャーとして活躍している。

 

1994年に海外のヘッジファンドに関わってから海外ファンドの運用に携わるようになったようです。

 

過去の経歴を見ると、様々な金融商品のディーリングに従事してきたので、多くの経験とスキルを持っているのではないかと推測できます。

 

どのようなディーリングをしてきたのか、具体的な実績を公開していないのが残念なところです。

 

ファンドマネージャー石原順(西山孝四郎)氏の得意な投資法は?

石原順氏が得意としている投資法は、相場の周期や変動率を利用した独自のトレンド分析や情報ネットワークを活かした売買技術とのこと。

 

また日本株よりも米国株の取引を推奨しています。その理由は、銘柄数、時価総額、出来高、流動性が大きく、世界を代表する企業が多く存在するからとのことです。

 

海外ファンドの担当をしていることも関係しているのは間違いなさそうですね。

 

ファンドマネージャー石原順(西山孝四郎)氏は書籍・本を出版している?

石原順-書籍
石原順氏は「最新 ゼロからわかる! FXチャートの基本と儲け方 」という書籍を出版しています。

 

株式投資の書籍ではなく、初心者のFXの初期を出版しているのには驚きでした。

 

「最新 ゼロからわかる! FXチャートの基本と儲け方 」の内容
FXは、チャートが読めれば勝てる!やさしい図解で誰でもわかる!勝てる相場の見極め方、順張り、逆張りの使い分け、「ダマシ」を回避する方法…など。

 

FXや株で勝てる!?石原順さんの順張りと逆張りインジケーター

FXについて話しているのは書籍だけではありませんでした。Youtube動画でもFXや株で使える順張りと逆張りインジケーターについて話しています。

ナレーターの方が石原順氏を紹介するするときに肩書きを言わずに名前だけ紹介するところ、そこに石原順氏が食い気味で入っていくところに少々違和感を感じました。

 

私の気にしすぎかもしれませんが。

 

ファンドマネージャー石原順(西山孝四郎)氏は未婚?既婚?子供は?

石原順氏のプライベートの関する情報はありませんでした。

 

ファンドマネージャー石原順(西山孝四郎)氏はツイッターを運用している?

石原順氏はツイッターを利用しています。フォロワーは7100人、ツイートに対する反応もフォロワー数からすると少ない気もしますが、反応はまったくないわけではありません。

 

かなり頻繁につぶやかれているので印象的でした。

 

 

ファンドマネージャー石原順(西山孝四郎)氏の経歴まとめ

石原順氏の経歴について検証しました。

 

石原順氏は、これまでに証券会社から海外ファンドなど、様々な金融商品の取引きに従事し、スキルも経験も併せ持つファンドマネージャーだということがわかりました。

 

また書籍を執筆したり、ラジオNIKKEIでも準レギュラー番組を持つなど、メディアにも積極的に出演、認知度の高いファンドマネージャーのようです。

 

 

【チェックポイント】
管理人:松下
今すぐに急騰期待の銘柄を知りたい」という方は、当サイトの利用者が実際に利益を得ている下記 優良サイトがオススメです↓